人気ブログランキング |

森のおさんぽ会

f0170011_16593594.jpg


今日は、隣町の「森のようちえん」が行っている「森のおさんぽ会」に参加してきました。

「森のようちえん」というのは、デンマークで行われている幼稚園の形態のひとつで、
子ども達が森に集まってあそぶというものです
私は、にんぷの時に読んだ「クーヨンBooks③のびのび子育て」で
その取り組みを知り、そういうとこ、近くにあったらなあ〜と思っていました。

私の町も、山に囲まれたところで、環境的には森のようちえんのような取り組みにピッタリだと思うのですが、そういうのが町内には発足していません。

自然の中で子どもを遊ばせたいなあ〜と思いつつも
近くとはいえ、知らない山の中を分け入って行く勇気もなく

家の中を荒し回る子に手をこまねいては
しょうがなく買い物に連れ出してみたり
近くの公園に行くぐらいが関の山でした。

5月に歩き始めた子。
アスファルトの道をよたよたと歩いてはこけ、青タンだらけになる子。
それでも、立ち上がって果敢に歩き続ける子を見て、
やわらかい、土の上をとことんあるかせたいなあ〜
という思いをずっと持っていました。

そんな時、「森のおさんぽ会」が催されると知り、
今、動かんかったらどうする??
みたいな衝動に駆られて、参加の申し込みをしました。

そうして迎えた今日でした。

今日は、とてもいいお天気で、
森デビューとしては、とても爽やかで気持ちよくて、いい日でした。

森の中は、所々、大人でも気をつけて歩かないと怪我をしそうな場所はありましたが
子も何とか自分で歩いていました。
途中で疲れたのか、甘えたいのか、
座り込んでしまったので、後半はだっこでしたが…

歩いて行った先には川がありました。
人の手が入っていないほんとの川、という感じで
とてもきれいできもちよかったです。
子は、手で水をすくって飲んだりしていました。

やがて、水の中ですわりこんでバシャバシャ水面をたたいたり
夢中になって石を転がして遊んだりするようになりました。

代表の方のお子さんも参加されていて(4さい)
川では子の相手をしてくれたり、道では手を引いてくれたり
すごく自然な感じで、とても優しくせっしてくれたので、
その光景を見ているだけでも
心がなごみました。

f0170011_172444100.jpg


森といえば、危険がいっぱいありそうなものなのに
なんとなくゆるーく時間が流れて行っている感じが
なんとも心地よく感じられました。

子も、始終ごきげんでした。

会のはじまりと終わりに歌をうたうのですが
それもゆるいかんじで、自然をうたったもので、
じわーっと心に入ってくる感じがしました

帰りの車の中、子は爆睡…
帰ってからも夕方まで寝ていました。

とことん外で遊んでは寝る。
理想的な姿やな〜と思いました。

自然の中で過ごした後って
なんとなくじわーっと心地よい感じが残るのがいいですね
日常に追われて、こういう感覚を忘れてたな〜と思いました
帰った後も、何も考えずに余韻に浸りたいような感じがしました。
気づいたら、最近悩まされていた頭痛も治っていました

しかし毎日、こうして過ごしてたら、鍛えられるやろな〜
4歳のお子さん、とてもたくましかったです。

よい一日でした。
ありがとうございました。

by suppin-tabi | 2012-08-19 17:58 | 日々のこと