一緒にできること。

f0170011_16401398.jpg


近頃、お昼寝の時間が減ってきて
食べている時以外は一日中どたばたしている子。

なるべく外で遊ばせるように努力はしているものの
雨や寒すぎる日はどうしたらいいかに困ってしまいます。

そんな日は特にお昼寝の時間も短いし、
いつもはお昼寝の間に片付けている家事や手しごとも追いつかなくなって来て
最低限済ませたいと思っていることすら間に合わなかったりで
がっかりしたり、焦ったり。心境的に落ち着かない感じで毎日が過ぎて行きます。

しかし、一緒にするのが面倒なだけで、
今まで、「眠っている間に!」と、一人でしようとしていたことも
実は一緒にできることがたくさんあるのかも?とふと思って、

寒波で外に出られなかった日に、
お買い物を行くのをやめて、
ありあわせの粉とたまたま前に買っていたイーストで、
一緒に「パン」を焼いてみました。

予想通りの展開で子は、
こなを飛ばしたり、生地を振り回したりちぎったりして遊んだり
生の生地を食べようとしたり、
いろいろやらかしてはくれましたが、

焼き上がった時に出たのは
「おいしそう〜」の言葉!!

私一人の時間は減ったけど、それにイライラするのではなくて、
こうして2人で一緒にできることを見つけて、面倒がらずにすれば、
喜びも2倍になるんだなあと、感じた瞬間でした。

思えば、最近、「おままごと」のようなことをするようにもなってきたし、
食べた後に「はこんで〜。」と自分で言いながら食器を運んでくれたりもします。

食べることは、生きることにとってもっとも必要な営みだから
作ったり、片付けたり、「食べる」ことの周辺のことを一緒にするのは
本能的にも受け入れられやすいというのもあるのでしょうか。

子の成長は早いから、いろんなことを気づかずに、
イライラしたり焦ったりする気持ちが先立っているような気がしてきて
それはもったいないことだな、とも思いました。

そう思うと、こうあらねば!!みたいな、変な気負いがどうでもいいことのように感じられてきて
もっと、テキトウでいいことはテキトウにしようと思いました。

そう思うと、何だか気が楽になって
もっと、いろんなことが、一緒にしたくなってきました。

子と一緒にべったりいられるのは、今しかないから。
今のうちに気づけてよかったと思います。

by suppin-tabi | 2013-02-19 16:39 | 日々のこと